スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン上での立ち振る舞い

グリーン上での立ち振る舞い
季節も良くなりコースに出る機会も増えるころだと思います。
ゴルフはボールをカップに入れることを最終目標としているのでそのカップがあるグリーンは芝が短く刈り込んであり特に整備されています。グリーンの出来が良いコースか悪いコースかの大きな指針になります。
だからこそグリーンでの立ち振る舞いは特に注意が必要です。

何メートルも先のカップに向けてボールを転がして入れるので少しでも穴や出っ張りがあるとボールの動きが変わってしまいます。わざと傾斜を作って簡単には入らないようにしていますが、ボールが落ちてへこんだ跡やスパイクでひっかけて毛羽立った状態になると他のプレーヤーに不利になる場合があります。勿論自分もですね。
ボールが落ちてへこんだ後はルール上、パターをする際に直すことが出来ますがスパイクの引っかき傷はホールアウト後にしか直すことはできません。もしそのホールのプレー中に治してしまうと2打罰となってしまいます。

ですので、グリーン上では足を引きずって歩いたり、とび跳ねたりして人為的にグリーン上に傷をつけてはいけません。
足をしっかりと上げて歩くようにしましょう。なるべく走ったりもしないようにします。
また、カップ周りもみんなが踏むとだんだんへこんでしまうことがあるのでカップからボールを拾い上げる時には近くを踏まないようにしましょう。
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

葵ゴルフブログ管理人

Author:葵ゴルフブログ管理人
葵ゴルフクラブのブログへようこそ!

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。