スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブフェースの溝規制

今年からはクラブフェースの溝の形状についての規制が始まります。
まだ今年はプロツアーなどでの使用が禁止になっただけでアマチュアの公式競技にこのルールが適用されるのは2014年からとなるようです。
また、アマチュアのルール適用には猶予として、2010年以前に発売されたクラブでルール適合の物であれば2024年までは適合とみなされるそうです。ちょっと安心ですね。

ルールの変更内容としては溝の幅や深さがどうの角度が云々ととても細かい規制になっています。要はクラブの溝の容積と縁の角度が制限されることによりアイアンショットやアプローチでのスピンが減るんです。

アマチュアが普通のコースでプレーする分にはそんなに大きな影響はないかも知れません。多少アプローチでスピンが掛からなくてオーバーしてしまうことがあるかも知れませんが適合クラブに買い替えなければ同じですからね。

実際のところ、影響を受けるのはプロゴルフファーですね。今年の試合からルールが適合になりますから対応を迫られます。
プロの試合で使うコースはラフが深く、グリーンが速くて堅いのでスピン性能の低下は大きくスコアに影響してしまいます。

ラフからのアプローチではスピンが少なくなるのでランを計算してコースマネージメントをしないといけなくなります。アイアンショットもラフからはフライヤーがかかり易くなって距離感が掴みづらくなります。

普通にフェアウェイからでも距離が長くいホールではンカーなどのハザード越えになると去年までよりピンに絡むショットが少なくなるでしょう。全体的にパーオン率が下がるでしょう。イーグルも減るかも知れません。
ラフからのショットの難易度が上がるので飛んでも曲がるのではスコアを作るのが難しくなります。フェアウェイキープ率が今まで以上に重視されてピンを狙うショットも減り、爆発的なスコアもあまり出なくなるかも知れません。

フェアウェイを確実にキープして無理にピンを狙わずに攻めと守りのバランス良くスコアを組み立てるタイプの人が有利になるでしょう。

クラブの変更に伴いボールをよりスピンの効くタイプに変更する人もいるでしょう。そうなるとまた勢力図が変わってきますね。ボールの変更はアプローチやパットの感覚に大きく影響を与えますからね。適応力の高さが必要となります。
今年の男子ツアーは上位争いするメンバーが少し変化して面白くなるかも知れませんね。


ninnkiblogranking
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

葵ゴルフブログ管理人

Author:葵ゴルフブログ管理人
葵ゴルフクラブのブログへようこそ!

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。