スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナーについて

まだまだ暑いですが朝晩は涼しくなって過ごし易くなって来ましたね。ゴルフに良いシーズンになってきました。

この機会にゴルフを始めようと思っている人も多いでしょう。また友人や知人などがゴルフを始めるので一緒にラウンドをする人もいると思います。
初めてコースに行く時には技術もさることながらマナーと最低限のルールを覚えて置くといいと思います。

そこで今回は基本的なマナーについて考えてみました。

まずは前回このblogに書いた安全にプレーする時に気をつけること必要です。
次に、他のプレーヤーに対する心配りとして
・他のプレーヤーが打つときに動いたり、喋ったりしないこと。
・もちろん携帯電話などはもってのほかです。
・ティーインググラウンドにはなるべくプレーする人以外のプレーヤーは入らない。立地上で他に居場所が無い時は安全で気にならない位置に立って静かにしておくこと。
・プレーをする人のボールの近くや飛球線とボールを結んだ後方線上、グリーン上やグリーン周りではボールとホールを結んだラインの前方にも立たないこと。プレーヤーの視界に入る位置には立たないことが前提です。
・グリーン上ではもちろんのことプレーする人のボールに影が掛からないように注意しましょう。
・全員がプレー中のホールを終わるまでグリーン上かその近くで待っている。
・スコアの記入はホールの移動中か次のホールに行ってから確認して行うこと。

プレーのペースも大事ですね。
・前の組に離れないようにプレーを進行するように心掛けましょう。
・プレーの順番はホールから遠い人からですので自分の順番が回ってきたときに速やかにプレーするように準備をしておくこと。
・パットが終わったら速やかに次のホールへ行けるように順番に準備をしておくこと。
・最近はセルフプレーが多いのでグリーンが終わった人から順番でクラブを集めてピンを持って速やかに次のホールへ行けるようにしましょう。
・OBの危険性がある場合は、暫定球を打って置きましょう。ティーインググラウンドからは前進4打もしくは前進3打の特設ティーが設けられている場合がありますのでそれに従いましょう。

コースの保護も重要なマナーの一つです。
・バンカーは打った後に必ず平らにならして置くべきです。最初は平らにならすのが難しいので熟練者に教えて貰うといいでしょう。
・アイアンショットなどで地面を掘った跡(ディボット跡)は砂(目土)を入れて平らに治します。
・グリーン面も足を引きずったりクラブで叩いたりして傷をつけないようにしましょう。ショットでボールによりついた傷はグリーンフォークを使って平らに治します。これも熟練者に教えて貰うといいでしょう。
・練習スイングなどによりコースを傷つけたり、クラブを叩きつけたりしないようにしましょう。グリーン上では旗竿でグリーン面を傷つけないように気をつけましょう。

また、煙草も決めら他場所以外の場所では吸わないようにしましょう。くわえタバコでのティーショットなどはもっての外です。

ちょっと長くなりましたがこれらのことに気をつけてプレーをすれば他のプレーヤーに迷惑をかけることなく楽しくプレーをすることが出来ると思います。
細かいところはまだまだあると思いますのでみんなで楽しく気持ち良くプレー出来ることを心掛けるといいと思います。



ninnkiblogranking
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

葵ゴルフブログ管理人

Author:葵ゴルフブログ管理人
葵ゴルフクラブのブログへようこそ!

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。