スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン上での立ち振る舞い

グリーン上での立ち振る舞い
季節も良くなりコースに出る機会も増えるころだと思います。
ゴルフはボールをカップに入れることを最終目標としているのでそのカップがあるグリーンは芝が短く刈り込んであり特に整備されています。グリーンの出来が良いコースか悪いコースかの大きな指針になります。
だからこそグリーンでの立ち振る舞いは特に注意が必要です。

何メートルも先のカップに向けてボールを転がして入れるので少しでも穴や出っ張りがあるとボールの動きが変わってしまいます。わざと傾斜を作って簡単には入らないようにしていますが、ボールが落ちてへこんだ跡やスパイクでひっかけて毛羽立った状態になると他のプレーヤーに不利になる場合があります。勿論自分もですね。
ボールが落ちてへこんだ後はルール上、パターをする際に直すことが出来ますがスパイクの引っかき傷はホールアウト後にしか直すことはできません。もしそのホールのプレー中に治してしまうと2打罰となってしまいます。

ですので、グリーン上では足を引きずって歩いたり、とび跳ねたりして人為的にグリーン上に傷をつけてはいけません。
足をしっかりと上げて歩くようにしましょう。なるべく走ったりもしないようにします。
また、カップ周りもみんなが踏むとだんだんへこんでしまうことがあるのでカップからボールを拾い上げる時には近くを踏まないようにしましょう。
スポンサーサイト

プレーのスピード

ルールブックによると、プレーのペースとして
前を空けずに適切なペースでプレーすることを推奨しています。
通常のプレーでは特に罰則は定めていませんが、プロの試合ではスロープレーに対する罰も設定されています。
たとえ罰則がなかったとしてもゴルファーの心得としてマナーとして前の組との間隔が空かないように迅速にプレーすべきです。

そのために気をつけることは、

・自分の打順になったらすぐに打てるように準備をしておきましょう。
・打ち終わった後はすぐに他の人の邪魔にならないように次に打つ位置へ移動しましょう。
・OBの危険性がある場合はとりあえず暫定球を打っておきましょう。
・特に競技でなければ遠い人から打つという前提を守らなくてもいいと思います。準備が出来た人から打っていきましょう。

要は周りを良く見てみんなでプレーの迅速化に気をつけて効率良く動けばいいですね。

ボールを打つ時は落ち着いてゆっくり打ちましょう。その時間を作るために他のところで時間を短縮していきましょう。



ninnkiblogranking

ゴルフ場でのマナー1

ゴルフはマナーのスポーツです。
たとえスコアが良くてもマナーの悪いプレイヤーはカッコ悪いですね。スコアーが悪くてもマナーが良ければかっこいいものです。
一緒に回っていて気持ちいいとか悪いとかもマナーが大事ですね。

まず、簡単なところから

・人が打つ時には静かにする。
これは基本です。人が打つ時にはしゃべらないのは当然でなるべく動かない方がいいですね。あまり近くに立っていても気になるし危険です。

・打つ人の視界に入るところに立たない
大体、飛球線の後方や前方は立つ人はいないと思いますが近くの視界に入る位置には立たない方がいいですね。どうしてもティーグラウンドの形状などで他に立つところがない場合はなるべく気をつけて安全な位置に立って動かない。無になって空気と化しているとベストです。

・行動は迅速に
周りを良く確認しながら自分が打つ順番を把握して順番がまわってきたらすぐに打つ体制に入れるように準備しておきましょう。またホール間の移動は素早くしましょう。手順良く行きましょう。

・自分のボールも人のボールも見よう
自分のボールを見るのは勿論のこと人のボールも余裕があればどこに飛んだか見ておきましょう。もし探さないといけないようなところに飛んだ場合はなるべく多くの目が見ていた方が見つかり易くなります。また自分の打つ順番や移動する経路なども他の人のボールが分かった方が効率的に行動することが出来ます。

大まかにこんなところでしょうか?まだまだありますので徐々に紹介していきます。

マナーを守って楽しいゴルフをしましょう!


ninnkiblogranking

ゴルフシューズ

ゴルフをするのに必要な道具の中にクラブ以外に必要なものとしてグローブとシューズがあります。
グローブは付け無くてもかまいませんが靴はある程度、気を配りたいところです。

ゴルフ場では乗用カートが増えたもののそれなりに長い距離を歩かなくてはいけません。
又、平らなところバかりでは無く傾斜地が多く設けられています。
そんな状況下ですのでそれなりにしっかりした靴が必要になってきます。

コースで使用するシューズはスパイクシューズになっており靴裏にゴムや硬質プラスチックなどで作られた描がついています。昔は鉄製の描がついていましたが今はゴルフ場のメンテナンス上の理由などで使用禁止になっています。現在、普通にショップで販売しているものでしたら使用可能です。

いろいろなゴルフシューズが発売されていますがそれなりにちゃんとした物を使った方が良いでしょう。あまり聞いたことのないようなメーカーの物や、他のものと比べて格段に安い商品だとすぐに壊れてしまったりグリップ力が十分に得られない場合があります。
すぐに壊れてしまうのは以ての外ですが、ゴルフシューズによるグリップ力は良いスイングをするうえで大変大きなウェイトを占めてきます。しっかり踏ん張れるのと不安定な足元で打つのでは実際の結果に大きく影響を与えます。良質な靴で打てばナイスショットが打てるのに質の悪い靴で打つと全然当たらないってころも実際にあり得るのです。

ゴルフシューズはある程度、良い物を選ぶことをお勧めします。値段だけではなくサイズも重要です。分からない場合は専門店で店員さんに良く相談すると良いでしょう。

練習場でもゴルフシューズを履いてもいいですがスニーカーでも大丈夫です。サイズの合ったしっかりした作りの物を使用しましょう。


ninnkiblogranking

ショートコースに行こう!

練習場で練習をしてそこそこ打てるようになったらコースに出てみたいと思いますよね?でも、いきなり本コースは不安だな~、と思う人もいるでしょう。いや、思って下さい(^_^;)

そこで提案ですが、まずはショートコースへ行ってみてはどうでしょうか?

いきなりコースに出ると大変苦労します。一緒に回る人も迷惑が掛かるのはもちろん、他に来ている人達にも迷惑を掛けてしまいます。
通常はゴルフコースを1ラウンド回る目標所要時間として4時間~5時間となっています。ハーフラウンド2時間で昼食をとるのでコース上では4時間、昼休憩で30分~50分くらい取るのでトータル5時間弱となります。
コースによっては難しかったり距離が長かったりで時間が掛かるところもありますが、それでもハーフ2時間半程度でトータル5時間半といったところでしょう。道路の渋滞と一緒で一組遅いと後ろの組がどんどん遅れてしまいます。他の人もいちいちホールごとに待たなくてはいけなくなって迷惑ですしコース側も予定通り仕事が進まなくて困ってしまいます。
でも9ホールを2時間で回ろうと思うと結構手順良く行動しないと難しいんです。

そこでコース上でのマナーやグリーンでのマナー等々をショートコースで練習しておくといいでしょう。

今は本でもマナーなどが分かり易く書いてあるものもありますし、ホームページで紹介しているものもあります。それらを参考にしつつショートコースで練習して本コースへ行くと良いでしょう。
このブログでも少しずつですがマナーについて紹介していこうと思っています。

また、葵ゴルフクラブのスクールレッスンでも技術だけではなくマナーやルールも教えています。コースレッスンもありますので是非ご利用下さい。



ninnkiblogranking
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

葵ゴルフブログ管理人

Author:葵ゴルフブログ管理人
葵ゴルフクラブのブログへようこそ!

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。